不況下におけるナース求人状況

}PgžxQ況であるというなかナース求人状況はいまだに売り手市場で仕事を選ぶ余裕のある事も多い。看護師というのは国家資格であり、高齢化の進む日本で需要の進んでいる職業である。だから仕事がいつもであるのだと思う人もいるだろう。しかしナース求人状況がいつも売り手市場な原因はそれだけではない。看護師として働いていて長く続けるにはとてもきつい仕事であることからこの仕事を続ける事が出来ないからという面もある。ナース求人状況をみればよく出ている夜勤の有無。これも大きな問題である。一晩徹夜をしたことがある人は多いと思う。遊んでいたとしてもどれだけ体がしんどかったかはわかるであろう。それを患者の命を預かり責任を持ってうごいての徹夜なのだ。それが日常化として存在する。また日勤も交互にすることが多いことから体の生活サイクル自体がくるってくる。身体的な負担のかかるこの生活を行っていれば仕事を辞めたくなることも多いのは理解できるであろう。年齢を重ねれば重ねるほどしんどくもなってくる。そうすると万年のナース不足という状況が出てくるのだ。また女性の多い職場であることも言える。女性の社会進出と言ってもまだまだ専業主婦の多い状況では結婚すると仕事を辞めてしまう事も多いだろう。看護師を続けられるような環境がそろっていないことも現在のナース求人状況として表れている。しかし、看護師は必要な職業である。資格のある人間是非社会の福祉向上のためにも働いていただきたいし、看護師の仕事を続けられる社会環境が出来るとよいと思う

コメントは受け付けていません。