医療系の転職のポイント

テーブル医療系の転職のポイントの一つに診療科目があります。実務を経験していくうちに自分自身と診療科目との相性が分かってくるはずですので自分の相性に合った診療科目を選択して転職することは自分のためにも患者さんのためにも重要です。それから事務的な面での医療系の転職のポイントとして病院によって就業内容がまったく異なることが挙げられます。県立病院などの公的な病院は公務員と同様の就業規則で被雇用者も守られていますが、医療法人や個人病院は就業内容がバラバラで戸惑うことも多いと思います。院長の独断で物事が進められることはよくあることでかたち的には民主的な運営をしているような体裁が取られていても実際にはセクハラやパワハラが横行する職場もたくさんあります。したがって求人の頻度の多い病院にはそれなりの理由が隠されていることも多いですので転職の際には情報収集をすることを怠ってはいけません。他にも医療系の転職のポイントしては診療報酬の改定がコメディカルの求人に影響を及ぼすことがよくありますのでその内容を早い時点から収集しておくことも重要です。今は看護師が売り手市場と言われていますがそれは看護師の配置基準の変更の影響が大きく、かつてリハビリのセラピストが売り手市場だった時にはリハビリの診療報酬として高い加算がつけられたからでした。需要と供給のバランスで待遇が大きく変わるのが医療従事者ですので先を見越してスキルアップのための資格取得をしておくことも転職のためには必要です。

コメントは受け付けていません。