薬学系の転職の現状

}PgžxQ薬学系、医療系の転職の現状はバブル崩壊、リーマンショックでも離職率が多く、また、求人も多いのが現状です。医療系の転職の現状としては、看護師を中心として離職率が高胃のです。そのまま転職して看護師になるケースもありますが、やはり生活の改善をしたいと思うことから、不規則な時間の勤務よりも、労働時間が規則的な街医者の病院へと転職する人が多いのです。医師に関しては地方の中核病院を中心として慢性的な医師不足状態は解消されておらず、いろんな病院は転職による医師の応募を転職サイトからも行っているほどです。看護師の転職において人気が高く、給与面においても他よりも優遇されているのが、高度医療に従事した看護しです。手術での機械出しなどを経験していたり、集中治療室などの高度医療技術ができる看護師などは非常に人気があります。また、薬学との連携の中で発生した仕事として注目されているのが治験産業です。新薬の開発、臨床実験に関わる仕事ですが、新人の看護師、薬剤師ではなく転職による人を会えて募集しているところが多いのです。治験コーディネーターは薬の知識も必要ですし、臨床技術に関わる知識、技術も必要なのです。両方の知識がある人であればいいのですが、どちらかの技術、知識がある人であればいいとも言われております。医療系の転職の現状として治験産業は非常に注目されており、今後、看護師、薬剤師の新たな活躍の場所なって行くでしょう。

コメントは受け付けていません。